向かい風でも軽やかに

「向かい風でも軽やかに」というのは、管理人が向かい風を物ともしない剛脚と言う事ではなく、「向かい風の時でもせめて気分だけでも軽く行こうぜ」と言う程度の意味です。

honyaがMac、自転車などについて好き勝手に書いているbogです。

佐倉ふるさと広場のタンデム自転車

私のホームコースは印旛沼サイクリングロードです。途中、休憩所として佐倉ふるさと広場があります。サイクルラックも多数あり、休憩に、給水に、とても便利な場所です。それに、春はチューリップ、夏は向日葵、秋はコスモスと季節ごとの花を楽しめます。あと、ソフトクリームが美味しい😄。

IMG_1903
 

佐倉ふるさと広場にはレンタサイクルのあるのですが、そこにタンデムサイクルが加わりました(こちら)。千葉県のタンデムサイクル公道走行解禁は2018年4月1日からと比較的遅かったのですが、佐倉市の迅速な対応には感心しました。タンデムサイクルは、フラットバーハンドルとドロップハンドルの2台があります。
 

IMG_1892

が、ここで疑問が。「普通自転車じゃないタンデムサイクルは車道通行しなくちゃいけないから、サイクリングロードを走ってよいの?」。で、佐倉市にメールで問い合わせてみました。以下、その回答です。

印旛沼サイクリングロードは、正式名称を「八千代印旛栄自転車道線」と言い、「自転車道」として整備しております。
また、千葉県警察の交通総務課にも確認いたしまして、公安委員の交通規制には当てはまらない為、問題無いとの回答をいただいておりますので、 印旛沼サイクリングロードにおけるタンデム自転車の通行は可能という認識でございます。
ということなので、安心してサイクリングロードを走れそうです。

タンデムサイクル貸し出しの制限は、

  • パイロット(前席):身長165cm以上、15歳(高校生)以上
  • コ・パイロット(後席):身長145cm以上、年齢制限なし
です。今の季節は気温的にちょっと厳しいですが、佐倉ふるさと広場から双子公園までのコースは、印旛沼サイクリングコースの中でも走りやすく、景色も良く、距離も片道約10kmと適度です。料金は2時間1,500円とちょっと高めですが、親子と、友人と、恋人と一度試してみては如何でしょうか。後席であれば、目が不自由な方もサイクリングを楽しむ事が出来ます。

Mac miniに祝福を・・・

私の記憶が確かなら、Mac miniは当初、Windowsユーザーからの乗り換えを画策して開発されて、キーボードもマウスも標準では付属せずにその分安価に販売されました。でも、実態としてはWindowsユーザーからの乗り換えというより(乗り換えユーザーはノート系Macを選ぶよね)、「モニターを自分の好きなものを使いたい」と言うMacユーザーに支持されていたと思います。そのMac mini、Appleからの放置プレーが凄まじい。以下、AppleのWebサイトから。

  • 第4世代Intel Coreプロセッサ。小さいのに、エンジンはパワフル。
  • Intel Iris GraphicsとHD Graphics 5000。ピクセル1つ1つに命を吹き込みます。
  • ストレージ。サイズも速さも欲張れる。
  • Thunderbolt 2。あらゆるサイズの、あらゆるデスクトップコンピュータ上で、最も高速、最も多機能なI/O。
  • USB 3、Wi-Fi、Bluetooth。しっかりつながる。
流れよ我が涙、とMac miniユーザーは言ったとか言わないとか。

このままフェードアウトして行くんですかね。でも、それなりに支持されているMac mimi、あまりに惜しい。Appleには是非改良版を発売して欲しいと思っています。

  1. 筺体の小型化。MacBookであれだけ小さいロジックボードが出来るんだから、Apple TVより少し大きいくらいのサイズに抑えて欲しい。
  2. 全面的なSSD化。少し価格は上がるけど、もうHDDはないでしょう。上記の小型とも関連するし。
  3. 外部ポートの整理。USB3.1/Thunderbolt 3が3個位、あとはHDMIとオーディオ入出力くらいで良い

キーボード、マウスは今まで通り別売りで良いと思います。この辺りは好みもありますから、無理にApple謹製を使う必要はないと思います。

考えてみれば、Mac miniってモニターと別ボディのMacとしては正当な後継者だと思うんですよね。昔NuBusやPCIボードでしか出来なかった拡張はUSB3.1/Thunderbolt 3で出来ますし。是非ともAppleにはMac miniの進化を進めて欲しいと思います。

自転車のサドル選びは難しい

長い間、サドルはfi'zi:kのアリオネを使っていました。同社のスパインコンセプト・EVOで前屈してみた所、両手が床まで届くので、自らをカメレオンタイプだと思っておりました。が、これは大きな間違いでした。

前屈は、「筋が痛くなる直前」で止めなければいけなかったんですよね。スパインコンセプト・EVOのページからQRコードでiOS/Android用アプリがダウンロードできます。それで計測してみた所、私は最も脊椎の柔軟性が低い「ブル」タイプでした^^;。どおりで、アリオネでお尻に痛みを感じていたはずです。

このアプリ、脊椎の柔軟性だけでなく体重と巡航速度を入力する事で、お勧めのfi'zi:k製サドルを教えてくれるので、なかなか便利です。もっとも、私はファブリック製体の硬い人用サドル・、RADIUSを選択しましたが。fi'zi:kのサドルも悪くないのですが、ファブリックのサドル、何か全体に柔らかく、かつ芯のある感じで非常に快適なのです。アプリを公開してくれたfi'zi:kのは申し訳ないですが、今はファブリックのサドルに満足しています。

fi'zi:k以外でも、セラ イタリアのID MATCH、ボントレガーの骨盤の幅に合わせて選ぶシステムとか昔に比べて選択する基準が明確化されているメーカーが増えているので、サドルも選びやすくなったと思います。でも、それでも選択に迷ってしまうのがサドル選びの難しい所なんですけどねぇ〜。お店にテストサドルが置いてあればよいのですが、それがなければ有る程度の投資とトライ&エラーが必要になりますね。

初めてのスポーツ自転車の購入その3・自転車以外に必要なもの

絶対に必要なもの

1.空気入れ

スポーツサイクルのバルブはほとんどが仏式バルブで、シティサイクルの英式バルブと互換性がありません。従って、専用の空気入れ(空気圧計の付いたもの)が必要です。

適正な空気圧はタイヤのサイドウォールに書いてありますが、上限までいれる必要はありません。上限までいれると、タイヤが跳ねて乗り心地が悪くなります。一方、空気圧が低すぎるとパンクの原因になります。推奨空気圧の真ん中あたりを目安に、自分の体重を勘案して空気圧を決めるのがよろしいかと思います。

スポーツ自転車は通常のシティサイクルより空気圧が高いため。週に1回は空気を入れるようにしてください。

2.ヘルメット

「大げさすぎる」とか「自分には似合わない」といって毛嫌いする向きもありますが、ヘルメットは剣道における面みたいなものです。ファッションアイテムでは無く、命を守るために必要なものですから、是非とも装備してください。

値段は安いのから高いのまでありますが、防御力にそう違いはありません。高いものは空気穴が多く、その分かぶっても涼しくなっています。あと、最近は高価なものにはエアロ効果に優れたものもあります。

続きを読む

初めてのスポーツ自転車の購入その2・自転車の種類

今回は自転車の種類についてです。

1.クロスバイク

当初は「ロードバイクとMTBの良いとこ取り」なんて謳い文句がありましたけど、嘘です。クロスバイクでオフロードは走れないし、ロードバイクほど楽に遠くまで走れません。700C(CはcmのC)のホイール(650Cの物もある)が付いたフラットハンドルの一般的なスポーツ車と考えれば良いでしょう。スポーツ車の入門としては最適だと思います。

5D3_0045
 

良い点として、

  • フラットハンドルなので、初心者でも乗りやすい。ブレーキも握りやすいし、ギアチェンジもわかりやすい。
  • ママチャリよりははるかに軽快に走れる。
  • ロードバイクほど気を使わずに乗れる。サイドスタンドがあってもおかしくない。
  • 太めのタイヤと長めのホイールベースのため乗り心地が良い。
  • ギア比がワイドなので、初心者でも坂道が安心。
悪い点として、
  • フラットハンドルのため、ポジションが固定される。
  • ロードバイクほど長い距離を楽に走れない(基本性能が違うので仕方ない)。
  • 重量はそれなりにある。

続きを読む
ギャラリー
  • SUBARU XV、慣らし運転終了
  • SUBARU XV、慣らし運転終了
  • SUBARU XV、慣らし運転終了
  • SUBARU XV、慣らし運転終了
  • SUBARU XV、慣らし運転終了
  • SUBARU XV、慣らし運転終了
  • ブロンプトンの空気入れ
  • ブロンプトンの空気入れ
  • ブロンプトンの空気入れ
プロフィール

honya

Macと自転車を愛する冴えないサラリーマンです。
連絡ははメールでabc.honyaアットマークgmail.com(アットマークは@に書き換えてください)か、Twitterで@sato_honyaまでレスお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
記事検索
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ