Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)によると、ビックカメラ.COM、ヤマダウェブコム、Yodobashi.comなどでMacBook Airを1万円引きで販売するとか。Amazonでも希望小売価格の1万円円引き以上で販売されています。つまり、現行MacBook Airの寿命も、あと少しと言う事なんでしょうね。一方、engadgetの記事低価格の新型MacBook Air、Kaby Lake Refresh採用のうわさ。前世代より大幅にスピードアップ?ではMacBook Airの後継モデルの噂が出ています。それによると、

  • クアッドコアCore i5ないしCore i7のKaby Lake Refreshを採用
  • 解像度は2560×1600ピクセル
  • 価格は1000ドル前後
となっています。

個人的には、現行の筺体のままアップグレードはないと思っています(現行MacBook AirはMacBook Proに比べてたいして小さくもないし、軽くもない)。かといって、MacBook Air独自の筺体を作ると言うのも、MacBookシリーズがMacBook、MacBook Air、MacBook Proの3ラインになってしまい、非効率だと思います。私は、MacBookの13インチ版を作って、MacBookとMacBook Proの2ラインの製品になると予想しています(かつてのiBookとPowerBookのように)。そこで問題となるは現行MacBookの価格です。現行のMacBook、1.2GHzデュアルコアIntel Core m3/256GBストレージモデルが142,800円と性能に比べてちと高すぎると思っています。ここは、願望を込めて現行12インチMacBookは大幅値下げ、13インチMacBookがMacBook Airの後継となり、Core i5/128GBストレージで1000ドル前後で登場、と予想します。

何にしても、MacBook AIr(Mid2013)ユーザーの私としては、この秋と見られる発表が気になる所です。

IMG_1919

どんな形になるにせよ、MagSafeはとうとうMacBookのラインアップから消えてしまうんですね。おっちょこちょいな私にとっては非常に有効な電源コネクターだったのでちょっと残念です。