え〜お久しぶりです😅。それはさておき、BROMPTONを購入しました。英国製(「英国ブランド」じゃなくて、英国で生産している)の折り畳み自転車です。ゆっくりとしたスピードでの散策、旅行先での使用、輪行での使用が主目的です。
DSC02079
折りたたむと、こんな感じになります。ちょっとしたコツを掴めば折り畳みは簡単で、折りたたんだ時の収まりも良いです。収まりが良いので、決して軽くない(12kg位ある)のですが、意外に持ち運びやすいです。
DSC02099

購入したのはS6R。フラットバーハンドルの6段変速、キャリア付きです。ブロンプトンといえばハンドルはU字型のアップライトなハンドルが主流で見た目もよろしいのですが、試乗したところ、ちょっと私にはアップライト過ぎ。長距離を走るにはフラットバーハンドルの方が楽そうなので、こちらを選びました。
変速機は内装3段変速、外装2段変速、内装3段+外装2段の6段変速があるのですが、まぁこれは多少重量が増えても段数が多いに越したことはないだろうということで、6段変速を選択。リアキャリアも重量的にはない方が良いのですが、何か積むかもしれないのでキャリア付きを選択。
色は、おっさんなんで英国=ブリティシュレーシンググリーンでしょう!ということで、グリーンX黒を選びました。
が、フラットバーハンドルのキャリア付きは2018年モデルからは無くなっています。オプションでキャリアをつけられるのですが、結構高くつきます。幸い、購入した店舗(今回はサイクルサービスおおやまさんにお世話になりました)に2017年モデルの在庫があったので、迷わず購入しました。
購入時につけたのは、純正のフロントライトとリアライト。
DSC02104
DSC02105

 フロントライトは、CAT EYEVOLT XC400(取り付け台座とBROMPTONのアイコンは専用)。取り付け部が共通なので、より明るいライトが必要な時は、VOLT 800も装着できます。リアライトもCAT EYERapid mini(ブラケットは専用かも?)。
あと、キックスタンドも。
DSC02109

BROMPTONを止める時は後輪だけを折りたたんだ「お座り」状態で自立させるのが流儀ですが、それだとキャリアにものを積んだ時に自立させられません。気軽に止めるためにも、キックスタンドを取り付けました。
サイクルコンピュータも付けました。スピードは割とどうでもいいのですが、走った距離は把握したいので取り付けました。小径車の場合、センサーと本体の距離があるので、機種によっては信号が途切れるものもあるということで、お店のお勧め・CAT EYECC-MC200Wにしました。 
DSC02120
その他取り付けた部品や乗った感想はおいおい書いていきたいと思います。