向かい風でも軽やかに

「向かい風でも軽やかに」というのは、管理人が向かい風を物ともしない剛脚と言う事ではなく、「向かい風の時でもせめて気分だけでも軽く行こうぜ」と言う程度の意味です。

honyaがMac、自転車などについて好き勝手に書いているbogです。

自転車

ブロンプトンにBROOKSのサドル

おっさんなので、イギリスの自転車とくればBROOKSの革サドルなのですね。ブロンプトンに標準でついているサドルも乗り心地は良いのですが、ここは格好優先といううことで。

DSC02278

選んだのは、B17 Titanium。ただのB17じゃなくて、チタンレールですよ!もちろん、日本の希望小売価格だと買う気さえ起こりませんが、wiggleで50%オフの17,828円で売っていたのですね(黒のみ)。一方、B17 Standardwiggleで9,568円。その差8,260円で、重量差がカタログ値で115グラム。自転車の部品で、8,260円で115グラムも軽量化できるなんて、コスパ良すぎですよ!というわけで、チタンサドルを購入しました(それでも標準のサドルよりは重いですけど😜)。

DSC02280

ちょっと苦労しながらサドルを取り付け、オイルを塗って先週末慣らしがてら軽くサイクリングしてみました。いや〜、慣らしが終わるまではやっぱり硬いですね。慣らしが済んで、サドルが自分のお尻の形に合うようになれば快適なんですが(以前、ARAYA EXCELLA Sportifに乗っていた時BROOKS B17は経験済み)。しばらくは頻繁にオイルをヌリヌリしつつ慣らしですね。

純正のリアライトもCAT EYEのブラケットをつけることで、BROOKSのサドルに取り付けることができました。ちょっと斜めになってますね😅

DSC02281


調子に乗って、ハンドルグリップも変更しました。BROOKSとERGONのダブルネームのレザーグリップです。ERGONのグリップは以前MTBに付けていて、快適なことは経験済みだったので迷わず購入。こちらはwiggleには黒の販売がなかったので、Amazonで購入しました。私のブロンプトンはT型ハンドル(フラットハンドル)なので、長さ130mm/130mmの製品が問題なく装着できるのですが、M型ハンドルだと多分片側が短いものでないと装着できないと思います。

DSC02282

この季節、厚いグローブ越しのグリップなのでERGONの快適さしかわかりませんが、ちょっとだけ素手で走ってみたところ革の感触はなかなか良いものでした。こちらは、サドルと違って慣らしの必要はありませんね。

BROOKSを付けて何だか渋くなってしまったブロンプトン、私の持ち物としては格好良すぎる…というわけで、トートバッグにアルパカサイクルと南極チャレンジの缶バッジをつけて、敢えてバランスを崩してみました。そう、敢えてです。これ、見た目だけじゃなくて蓄光式なので夜でも安全、と一瞬思ったのですが蓄光式と反射材は違うので夜間走行はあまり関係ないですね😅。

DSC02284


ついでに、冬用ジャケットの下にはこっそりと「宇宙よりも遠い場所」のサイクルジャージを着ていたりします(買ったのかよ!)

IMG_2147

そんなこんなで、今度こそブロンプトンのドレスアップはこれで一段落です、はい。

SUBARU XV、慣らし運転終了

SUBARU XV、納車から2回の週末で走行距離1,000kmを超えました^^;)。一応、慣らし運転終了です。

IMG_2126

勤労感謝の日は、23日に鹿島神宮に行った後、24日から25日は猪苗代湖経由で会津若松へ。ブロンプトンも連れて行きました。猪苗代湖の湖岸、短い距離ではありますがサイクリングロードがあったのでちょっと走ってきました。今度は、ちゃんとした自転車装備で猪苗代湖一周したいです。夜は会津若松市内で美味しい地酒と地鶏と桜肉を堪能しました。

IMG_2090
DSC02133

帰り途、立ち寄ったSAで車を停めたら偶然隣が色違いのXVでした。

IMG_2097

12月最初の週末は、房総半島最南端の野島崎灯台へ。

IMG_2117

この日もブロンプトンを連れて行き、道の駅ちくら潮風王国までサイクリング。レストラン はな房にて美味しい海鮮ランチ(地魚握り、鯨握り、なめろう、いせえび汁)をいただきました。短い距離でしたが、暖かい日で海沿いの道を楽しくサイクリングできました。

DSC02252

約1,000kmを走っての感想は、

  • アイサイトの全車速追従機能付クルーズコントロールは、とにかく高速道路の走行が楽。パーキングメータが電動式になったので、高速道路の渋滞もブレーキを踏まずに済むようになり更に楽になりました。
  • 一方、ステアリング操作をアシストするアクティブレーンキープ機能は自分が曲がりたいタイミングと微妙にタイミングがずれる時があり、人によっては邪魔な機能と感じるかもしれません。私は疲労を軽減をするには有効な機能なので、自分の感覚をアクティブレーンキープに馴らそうと考えています。
  • 高速道路走行中心でしたので、ワインディングロードは走っていませんが、車線変更の時のハンドル操作に対しリニアに反応する様はスバル・グローバル・プラットフォームの素性の良さを感じました。
  • 路面のショックの吸収など、乗り心地も優秀。ただ、速度を上げるとエンジ音が結構室内に侵入し静粛性は今ひとつだと感じました(旧型のインプレッサと比べると改善されていますが)。まぁ、フラット4のエンジン音は嫌いじゃないので、私には許容の範囲内です。

1,000kmまではエンジン回転を4,000rpm以下に抑えて走りましたが、1か月点検を受けて、オイルを交換したら少しエンジンを回してやろうと思います。

ブロンプトンの空気入れ

ブロンプトンのタイヤチューブのバルブは、今時にしては珍しい米式バルブです。私が持っている自転車は全て仏式バルブなので、ブロンプトンのチューブも仏式バルブに交換しようかと購入したお店に相談したのですが、「仏式に交換してもいいけど、米式の方が空気の抜けが少ないよ。それに、小径車用に良いポンプヘッドがあるからおまけにつけるよ」と言われましたので、使っていないポンプにお勧めのポンプヘッドをつけて頂くことにしました。ものは、air bone ZT-A15です。信頼の台湾製。米式バルブだけではなく、ワンタッチで仏式バルブにも対応できます。

IMG_2110

確かに、これは優れものです。小径車はスポークの間が狭いのでポンプヘッドが入りにくいのですが、この大きさならすんなり入ります。

IMG_2112


ちなみに、ポンプに元々ついていたヘッド(これも米仏バルブ両対応)ですと、ブロンプトンのバルブには入りませんでした😅。
IMG_2113

ブロンプトンにも標準でフレームにハンドポンプがついているのですが、あれはあくまでも非常用ですね。小径車とはいえ、100psiの高圧を入れるには、ちと荷が重いです。小径車の空気入れには、あまってるフロアポンプ(若しくは、安いエアゲージ付きのフロアポンプ)にこのポンプヘッドをつけるのが良さそうです。

ブロンプトン・いろいろ買いました

え〜、ブロンプトンですが、いろいろ買いました😅。まずは、ドリンク&小物入れ・POTA BIKEハンドルセンターポーチ。ブロンプトンにはボトルケージをつけるネジ穴がないので、ドリンクボトルを入れるのに便利です。自転車用のボトル、ペットボトルのボトル両方に対応しています。ドローコードで入口がしばれるので、ちょっとした小物入れにもなります。ドリンクを入れて状態でもネットの部分に鍵程度なら入ります。もちろん、付けたままブロンプトンを折りたためます(ただし、中に入ってるものは落ちますが^^;)これは、優れものです。

DSC02107

続いて、テールライト。ブロンプトンの荷台には標準でリフレクターがついているのですが、安全のためにはテールライトにしたい所です。キャットアイのリフレックスオートがブロンプトンの荷台に誂えたようにぴったりです。取り付けは簡単。ライト付属のネジ類は使用せずに、外したリフレクターを取り付けていた金具をそのまま使って荷台に固定すれば終了。明るさと振動を検知するセンサーが付いていて自動発光するオートライトです。

DSC02110

次は、iPhoneフォルダ。プラスチック製のものは折り畳みの時に邪魔になりそうなので躊躇っていたのですが、Twitterで「シリコン製の物なら折り畳みの時に邪魔にならないよ」と教えて頂いたので、シリコン製のBike Tie 2という製品を購入しました。iPhone X系の筐体にも対応していて、装着したままFace IDも認識しますし、操作もできます。iPhone XSにバッテリー付きケースを装着したまま固定できました。気になるのは固定力ですが、荒れた舗道を走っても特に不安は感じませんですが。まぁ、使用は自己責任ということで(実は結構ビビりながら使ってます)。

DSC02106

ブロンプトン純正オプションも購入しております。ブロンプトン ツールキット。

DSC02116

15mmレンチ、アーレンキー、ドライバー、タイヤレバー、タイヤパッチが入っています。ブロンプトンにホイール固定はクイックリリースではないのでパンク修理のためタイヤを外すには15mmのレンチが必要なのです。

DSC02117

購入した店で一度後輪の外し方を実演してもらったのですが、正直、うまくできる自信はあまりありません^^;)。でも、この工具、なかなか所有欲をそそるのです。ブロンプトンのフレーム内部に装着できるという、なかなかの優れものです。Amzonで並行輸入品が少しだけ安く購入できます。

後は、フロントのアダプターにつけるバッグ。ブロンプトンのバッグはハンドルではなくフレームのアタッチメントに取り付けられているので、多少荷物が重くてもハンドリングにあまり影響がないのが良い所です。取り付け・取り外しも簡単です。ブロンプトン購入と同時にフラットハンドルタイプに取り付けられる中で最大容量のSバッグ(容量20リットル)を購入したのですが、これ結構大きいです。ちょっとその辺を走る時には少々大げさです。

IMG_2103

そんなわけで、トートバッグも購入しました。容量は9リットルですが、まぁ必要十分。出先で荷物が増える可能性がある時は、バッグの底にサコッシュでも入れておこうと思っています。どちらのバッグにも防水カバーがついています。

IMG_2078

勢いに任せていろいろ買ってしまいました。この辺で打ち止め、と思っていたのですが英国より何やら荷物が到着^^;)。

IMG_2104

まぁ、それは別の機会に。

ブロンプトンS6R・ファーストインプレッション

土曜日の午後、50kmほどブロンプトンで走ってきました。その感想です。

IMG_2080
 

発進時は少しふらつく

小径車の宿命で、発進時は少しふらつきます。慣れていない方は少し怖いかも。でも、慣れれば (2〜30分走れば)気にならなくなると思います。

乗り心地は思ったより良い

簡単なリヤサスペンションの恩恵か、クロモリフレームの恩恵か乗り心地は思ったよりも良く、路面の小さなギャップは気になりません。直進性も走り出してしまえば問題なし。ただし、やはり小径車の宿命で路面の大きなギャップには弱いです。腰をあげるなりして体ショックを和らげる必要があります。

6段変速は手強い

私のブロンプトンは内装3段、外装2段の6段変速です。当初は外装の2段をロードバイクのフロントディレーラー、内装3段をリアディレーラーのように使えば良いと思っていたのですが、そう甘くはありませんでした。まず、外装変速が思ったよりギア比が離れていませんでした。それに内装3段変速が結構ギア比が離れています。更に、内装変速はペダルを止めていないと変速しないし、外装変速はペダルを動かしていないと変速しない。あ〜、ややっこしい。で、走ってみてとりあえずの使い方は、

  • 平地:内装変速は真ん中、外装は重い方を基本。細かな登りや向かい風の時は外装を軽い方に変速。信号停止や一時停止は、内装を軽い方に変速。
  • 登り坂では、内装変速は軽い方、外装変速は傾斜に応じて。ちょっと長い登り坂では、内装も外装も一番軽い方に入れざるを得ない。
  • 内装変速の重い方は、私には重すぎて下り坂か強い追い風時にしか使いどころがない。

こんなところです。ブロンプトンの変速機、確実に変速してはくれるのですが、シマノの変速機ほど変速した時のクリック感がないので変速したかどうかわかりづらいのですよね。言ってもしょうがないですけど、ブロンプトンの内装変速にシマノのAlfineが搭載されていたらどんなに良かっただろうと思いました(笑)。

そこそこ速い

平地で20km/h巡行は余裕、23〜25km/hの巡行も無理なくできます。でも、街中を15〜18km/hでさまようのが一番似合ってるのかもしれません。
 

総じて言えば、スポーツ車とは言えませんが、乗り物として楽しいことは間違いないです。小径車にスポーティさを求めるならBirdyDAHONを選んだ方が正解かもしれませんが、スタイリングやパッケージングを考えればブロンプトンの方が優れているところもあると思います。折り畳みに関しては、ブロンプトンの方がBirdy(私はBD-1の時代しか知りませんが)より優れていると思いますし、ブロンプトンのバッグ取り付けシステムは他車にはない優位性だと思います。
 

IMG_2073


ギャラリー
  • 謹賀新年
  • ブロンプトンにBROOKSのサドル
  • ブロンプトンにBROOKSのサドル
  • ブロンプトンにBROOKSのサドル
  • ブロンプトンにBROOKSのサドル
  • ブロンプトンにBROOKSのサドル
  • ブロンプトンにBROOKSのサドル
  • SUBARU XV、慣らし運転終了
  • SUBARU XV、慣らし運転終了
プロフィール

honya

Macと自転車を愛する冴えないサラリーマンです。
連絡ははメールでabc.honyaアットマークgmail.com(アットマークは@に書き換えてください)か、Twitterで@sato_honyaまでレスお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
記事検索
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ